りんご4971好き必見!美味しい見分け方

簡単に美味しいりんごの見分け方があるので覚えておくと良いでしょう。まず、りんごをいくつか手で持ってみて、ずっしりと重さがあるものを選ぶと良いです。たまに中くらいの大きさなのに重量を感じるりんごがありますが、しっかりと果肉や蜜が詰まっている証拠になります。次に赤く染まっているりんごが望ましいです。それは太陽の光をきちんと浴びているものだからです。ただし、中にはまだらになっていたり、傷が付いていたりするものもありますが、糖度にはさほど影響はありません。むしろ見た目が悪いという理由から、値段が安くなっているのならお買い得です。それからりんごのヘタが付いている部分とは反対側を見ておきましょう。りんごのお尻などと呼ぶ人もいますが、この部分が黄色になっていると、甘みの多いりんごである可能性が高いです。逆に緑のものはまだ若いりんごです。他にも皮を見てハリやコシがあるものは美味しいりんごだと言われています。加えて同じりんごでも食べる部分によって、若干ではありますが糖度が変わってきます。具体的には真ん中から下で、さらに皮に近い果肉が一番甘みが強いです。しかも常温よりも、少し冷やしてやると甘みを感じやすくなります。