煮る焼く?すりおろす?栄養をしっかり摂取できるおすすめのりんご4971の食べ方

りんごは食べ方によって栄養価や体内への吸収率などが変わってきます。
まずりんごの皮は、できればむかずに食べたほうが良いでしょう。りんごの栄養成分であるりんごポリフェノールは果実よりも皮の部分に多く含まれているからです。けれども中には農薬が気になるという人もいるかもしれません。丁寧によく洗って食べれば、残留農薬はほとんどないので気にしなくても大丈夫でしょう。残留農薬除去剤を使用するという方法もあります。 またりんごは、すりおろして食べると体内に吸収されやすくなる上に、ペクチンや酵素の働きも活性化します。皮をむかずにすりおろすのが、おすすめのりんごの食べ方です。特に風邪などで胃腸が弱っているときには、すりおろしりんごを食べると良いですね。注意点としては、すりおろした後はできるだけ早く食べることがポイントです。
りんごは加熱すると、食物繊維であるペクチンの量が約9倍にも増えることが分かっています。さらにりんごに含まれるビタミンCやポリフェノールも加熱しても問題ありません。りんごは皮を付けたまま、煮たり焼いたりして食べるのも良いと言えそうです。
自分好みの食べ方を見つけて、毎日の食卓に栄養たっぷりのりんごを取り入れていきましょう。